交通事故シミュレーション

交通事故の当事者になったら

交通事故の処理手順

事故の当事者になってしまった時には、誰でも気が動転するものです。しかし、そんな中でも出来るだけ落ち着いて、行動することが大切です。 まず人命優先ですから、怪我人の有無を判断し、怪我人がいる場合は真っ先に救急に電話を入れ、必ず警察にも電話を入れます。交通量の激しい場所であれば、事故車などを邪魔にならない場所に移動する事も必要です。双方にたいした怪我の無い場合は、警察が来るまでに余裕があれば、相手方の住所、氏名、連絡先などをうかがい、保険会社に連絡を入れます。 警察が来たら、聞かれた事には曖昧ではなく、できるだけ具体的に答え、少しでも体が痛い場合は、後でもめることがないように、病院を受診する意向を伝えます。 人身でなければ、警察も事故証明を発行する為の現場検証などを終えたら帰ってしまうので、後は当事者の問題となります。 この時も、お互い感情的になりがちですが、後のことは保険会社に任せるようにするのが得策です。 交通事故は、いくら注意していても起こってしまう事もありますから、当事者になってしまったら出来るだけ冷静な行動が原則になります。

信頼できる弁護士探し

実績の火災保険はこちら

応急処置と救急処置

小説やドラマの中ではいざ知らず、交通事故を起こしたくて起こす人は、いないと言っても過言ではないでしょう。しかし、あなたがどれだけ気を付けていたとしても、突然の子供の飛び出しや、暗い道の自転車の無灯火運転、たそがれ時に目立たない地味な服を着た高齢者が道の真ん中を歩いていないとは限りませんし、車を運転している限り、絶対にないとはいいきれないものでもあります。 もしも事故を起こしてしまったら、どのように行動すればよいでしょうか。 免許を取得するときに、教習所で習った記憶があるかもしれません。周囲の人に協力を依頼できるなら、救急車を呼んでもらったり、AEDを探してもらいます。事故にあった人を安全な場所に移動し、二次被害がでないようにした後で、意識の確認や呼吸の有無の確認、出血部位の確認を行い、必要に応じて心臓マッサージや止血処置を行って救急車の到着を待ちます。 事故を起こしてしまったことで、気が動転しているかもしせませんが、まずは救える命のことを考えてみてください。

Copyright© 2010 交通事故シミュレーション All Rights Reserved.